葉酸サプリの必要性と副作用

葉酸は普段からバランスの良い食事をしている人は基本的には不足することはありません。
しかし、妊娠前から授乳中期においては特に必要な栄養素であることは知られています。
葉酸は水溶性のビタミンの一種で、体の中で使われなかったものも蓄積されず尿中に排泄されてしまいます。
したがって毎日とることが必要となります。
食事の中においてはその吸収率は50%以下ともいわれており、大切な妊娠中には食事だけでなくサプリメントも加えて1日に必要な量をとることが必要になります。
食事に加えサプリメントで400㎍が必要です。

葉酸サプリメントは効果的にとるために体内への吸収率を高くしてあり手軽にとることができます。
そのために過剰摂取にもなりやすく、配慮が必要でしょう。
過剰摂取の副作用としては不眠症や食欲不振、吐き気などの消化器症状やむくみ、皮膚に紅斑、痒みなどのアレルギー症状などが知られています。
葉酸サプリの成分は天然由来のモノグルタミン酸型の葉酸であることが必要で、添加物は様々なものがありますが、その内容を十分に把握しておくことが必要です。
添加物としての糖は、ホルモンの影響であかちゃんが胎内にいるときはは血糖値の抑制が行われにくくなっており注意が必要です。

また甘味料の中には胎児の奇形を促す成分もあります。
直接母体に影響は及ぼさないまでも香料や着色料も含まれているものもあり、サプリメントを選ぶ場合、そういうものを吟味することも重要です。
葉酸は赤ちゃんの健康に必要な栄養素でもあます。
赤ちゃんの脳やせき髄、内臓を作るのに必要な栄養素なのです。
妊娠7週目までにかけては細胞分裂期とも言われ、母体のDNAから分裂・増殖した赤ちゃんの脊髄や内臓などを作る時期です。
その細胞の分裂や増殖に葉酸が重要な役割を果たしています。
また貧血の予防、免疫力アップ、細胞の修復や合成、胃腸の強化、がん予防、シミやそばかすの改善などの効果があります。
一方、足すると赤ちゃんに神経管閉塞障害が生じるというリスクも生じてきます。