毎日の基礎体温を測るメリット

生理周期の把握や、妊娠を望む妊活中の方などは普段から毎日決まった時間に基礎体温を測っている女性は少なくありません。
専用の体温計を利用してグラフ記入などをする必要がありますので、毎日行うのは面倒だと感じてしまう方は多く、きちんと測る事をしていない方が大半だとされていますが、実は基礎体温を測定することには4つのメリットがあると言われています。
まず1つ目のメリットは自分の体のホルモン周期を知ることが出来る点です。
女性の体には2つの女性ホルモンの分泌リズムで大きく変化する周期があり、月経前と月経後は体の女性ホルモンの量が大きく変化することから精神的にイライラしやすくなったり情緒不安定になる時と、月経後は身体の調子が元に戻り肌のコンディションが良くなるなどホルモンの分泌量によって体調の変化を把握することが出来るメリットがあります。

2つ目のメリットは肌のコンディションに合わせてスキンケアを行える点です。
月経前に多く分泌されるプロゲステロンは肌の皮脂量を増やしてしまうため、保湿効果の高いスキンケアを行うとニキビができやすくなってしまいます。
その為体温を測定しておけば時期に合わせて適切なスキンケアを行うことが可能です。
3つ目のメリットはダイエットが行えやすくなる点です。
月経前にプロゲステロンがたくさん分泌され、自律神経の働きも鈍くなるのでダイエットの意欲も減退しやすくなる特徴があります。
そのため月経前は過度なダイエットを抑えて、月経後にダイエットを頑張るなど周期をハッキリさせて生活にメリハリをつけることが可能です。

4つ目のメリットは毎日基礎の体温をしっかり測っておくことで、普段どおりの不規則な周期で月経が起こってしまった時など測った温度で簡単に体の不調を知ることが出来るようになります。
女性の体はとてもデリケートなので普段の調子と異なると感じたら婦人科などで医師や看護師などに相談してみることも未然に病気を防ぐ為に必要となります。